スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世襲

2012-01-05

本日、2回目の休憩(照)

北朝鮮では、金正日から金正恩に権力が世襲されましたが、オヤジもときどき世襲について考えさせられることがあります。
今日も、介護の仕事をしている仲の良い人と仕事に関するメールのやりとりをしたことがきっかけで、考えさせられました。
金王朝と異なり、めっちゃしょぼい世襲ですが(笑)。

10年ほど前にはまさかこんなことになるとは全く想定していませんでしたが、現在のオヤジは資格を飯の種にする事務所を経営しています。

したがって、サラリーマンと異なり、自分の生活のことだけを考えるわけにもいかず、引退後には誰かに事務所の経営を譲ることを考えなければなりません。

現在オヤジ事務所に仕事を依頼してくれている客が未来永劫仕事を依頼してくれる保証はどこにもありませんが、もし続けて依頼してくれるのであれば、後を継ぐ人間にとっては、結構おいしい話だと思います(笑)。
ゼロからのスタートではなく、オヤジが敷いたレールの上を走り始めれば良いわけですから。

大した規模の事務所ではありませんが、ここに至るまでは、かなり苦労してきたと自負しています。親の後を継いだわけでもなく、ゼロからのスタートだったので。

独立した当初は、ほんまにやっていけるんかいな!?と毎日不安を抱えていたものですが、独立して約7年で、売り上げは独立当初の5倍ほどに伸びました。
ひとえにオヤジの努力の賜です(自分で言うか・・・爆)。
おかげさまで身体はボロボロになりましたが(滅)。

事務所の経営がある程度うまくいくと、誰か信頼のおける人間に後を継いで貰いたい、オヤジのポリシーを受け継いで貰いたいと、段々思うようになりました。

以前のオヤジは、何に関しても世襲には批判的でしたが、人間って変わるもんですね(笑)。
やっぱり、一番信頼のおける人間、後を継いで欲しい人間は、自分の遺伝子を受け継いだ息子だと思うようになってきました。
自分が苦労して築き上げてきただけに、赤の他人に易々と渡したくないという思いもありますね。
口に出して息子に言ったことは一度もありませんが。


ただ、その一方で、後を継いでやって貰うほど価値のある仕事なん!?という思いもオヤジの中にあります。
偽善者だと思われるかも知れませんが、若かりし頃のオヤジは、人生一度きりなんだから、医者など世の中に貢献できる職業に就いて人生を全うしたいと思っていたので、世の中に貢献しているとは言えない現在の職業に正直不満を持っているからです。

自分自身が不満を持っている、いまいちやりがいを感じていない職業に、息子が就いてくれて本当に嬉しく思うんだろうか?という思いがあります。

このように相反する思いが、オヤジの中に併存しているのです。

幸いにして(?)、高校2年の息子は、オヤジと異なり文系を選びました。
オヤジの職業は、8割方、理系出身の人間が就いている職業ですので、文系を選択した時点でオヤジの後を継ぐ可能性はかなり低くなったと考えて間違いないです。

ただ、後を継ぐ可能性を残すとすれば、文系の中でも法学部に進むことです。
法学部に進学し、司法試験を受けて弁護士資格を手に入れ、法律事務所を開業すれば、オヤジ事務所を吸収合併する形で後を継ぐことが可能です。

選択科目の関係から、息子が経済学部にしようかなと言っているのを聞いたとき、「先々の選択肢を広げるのであれば、法学部にしといた方がええと俺は思うで」と思わず口にしてしまったオヤジです(笑)。
そのとき、「あぁ、やっぱり、本心では後を継いで欲しいという思いの方が勝ってるんかなぁ」と、自分で気付いたオヤジです(照)。

ま、経済学部にするのか法学部にするのかわかりませんが、もし経済学部を選ぶのであれば、その時点で、ほぼ100%世襲の道は無くなったと考えて良いでしょう。

そうなったら何となく寂しい気もする一方で、オヤジとは別の道をゼロから自分で切り開くということであれば、それはそれで本人にとっては良いような気もします。

息子が後を継がないとなれば、誰か後を継ぎませんか?
おいしいよ?(爆)

スポンサーサイト

新年

2012-01-05

あけましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い致します。


さて、今日は、今年最初の出勤日。
なんとなくやる気がしません(笑)。

昨日は、仕事の進捗遅れを気にして、あれだけ焦ってたというのに^^;

ということで、早速休憩^^;(笑)

オヤジはこの正月どこかに行く予定は何もなかったですし、今後もありませんが、オヤジの同僚であるメガネ男(昔、桑田佳祐に似ていた)は、明日から韓国に行くとのこと。

何しに行くの?と聞けば、ヨン様ツアーに行くとのこと^^;(笑)

冬のソナタが流行ったのは、もうずいぶん昔のことだと思いますが、未だにヨン様の軌跡を辿る人が居るとは、ヨン様も良いファンを持ったもんですなぁ(笑)

今や、俳優であれば、ヨン様ではなく、チャン・グンソクでしょう。
あるいは、少女時代、東方神起などのK-POPですよね。

オヤジの子供たちもK-POPの大ファンで、家では、ほぼ常時、K-POPが流れています^^;(笑)
ええ歳こいたオヤジも結構好きです(照)
たとえば、↓などなど。

ジュリエット


なんとなく、J-POPよりも格好良いんですよね(照)

オヤジももう一度韓国に行って、38度線から北にむかって「金正恩」の二重顎を眺めつつ(見れるかいな)、ジュリエットを熱唱したいもんです(違)


てなことで、オヤジの今年の目標。

若返りです(爆死)。

何でって?

いや、正月に昔のアルバムを見ていて、いつも辛口発言の娘(フグちゃん、小学校5年)が、「ふん。父さんも若い頃はまあまあ格好よかったわね!」とうれしいことを言ってくれたので、もう一度生のオヤジを見て言って貰いたくて(爆)

ここぞとばかり、「そうやろー!? 父さん、若い頃は、めちゃくちゃモテててんで!」と被せて主張してみたものの、「今は太り過ぎてるけどね!」とあっさり現在を否定されたもんで(涙笑)

自叙伝その5

2011-12-28

 おはようございます。
 オヤジです(照)。

 昨日、体調が悪かったので、家で寝ながら「容疑者Xの献身」を見ました。
 そう。「実におもしろい」と言うのが口癖の変人物理学者を福山雅治が演じたドラマ「ガリレオ」の映画版ですわ。

 それを見ていて思い出した。
 オヤジは、ああいう変人の物理学者、あるいは、変人の数学者になるってのが高校の頃の夢だったのだと(照)。

 オヤジが理系の科目に自信を持ち、『俺ってひょっとして天才ちゃうか!』と勘違いし始めた(笑)のは、おそらく小学校5年のとき。
 算数の時間に以下のような問題が出た。
 
 『みのるくんは、片道15kmの道のりを、行きは時速3kmで、帰りは時速5kmで歩きました。みのるくんは往復の道のりを平均時速何kmで歩いたことになるでしょうか?』
 
 その当時は、小学生の頃から有名中学を受験するための進学塾に通う生徒はそんなには居なかった時代。
 だから、進学塾に通う生徒達は、学校では習わないような難しい勉強をしているのだと偉そうにしていたし、進学塾に通っていない生徒達(オヤジもその一人)を見下していた。

 『行きが時速3kmで、帰りが時速5kmなんやから、(3+5)/2=4で、平均時速は4kmに決まってるやん!』

 先生に当てられた生徒A(進学塾に通ってる奴)がそう答えた。
 「こんな簡単な問題を俺に答えさせるなよ!」とでも言いたげに、偉そうな態度で。

 先生に順に当てられたその他の生徒達もみな、生徒Aの答えに同調した。

 驚いたことに、その先生までもが、『平均なんだから、Aくんの言うように、(3+5)/2=4で正解やね』と説明した(笑)。

 オヤジは、授業中に手を挙げることって殆どなかったけれど、このときばかりは、生徒Aや先生の答えにどうしても納得できず、勇気を出して手を挙げた。
 
 『・・・・なのだから、平均時速は3.75kmになると思います』

 生徒Aは、オヤジの発言を聞くや否や、オヤジを睨み付け、すぐさま『平均なんやから、足して2で割るに決まってるやん!』と反論した。
 「塾に通ってないアホのオヤジが俺の答えと違うこと言うなんて、100万年早いんや!」とでも言いたげな態度で(笑)。

 オヤジの答えには、誰も同調してくれなかった(滅)。
 生徒Aは進学塾に通い、有名中学を目指している人間。これに対し、当時のオヤジは塾に通うことなく、野球やサッカーばっかりして遊んでる人間。生徒Aの方が正しいことを言ってるという先入観をもたれても、ある意味仕方ないかもしれませんが。

 で、先生は、オヤジの発言に対して、こう締めくくった。
 『オヤジくんの言うことも正しいように思うね。だから両方とも正解。』と(超爆死)

 解が複数個存在し得る多次元連立方程式じゃないんやから、両方とも正解なんて、数学の世界ではあり得ません(笑)。
 ガリレオに言わせれば、『まったく非論理的だ』ということになるでしょう(笑)。
 いい加減な先生か、あるいは、事なかれ主義の先生やったんかもなぁと、今では笑い話でっけどね(笑)。

 オヤジは、家に帰ってから、この出来事を兄貴に告げた。
 数学のできる兄貴は、すぐに答えてくれた。
 『おまえの答えが正しいで』と(照)。

 そのとき、オヤジは思った。
 「やっぱ、俺は天才やったんやなぁと」(爆)

 俺が天才なのではなく、単にレベルが相当低い小学校だったんだと、今では理解できるけど(笑)。

 いずれにせよ、

「塾に通わず遊んでばかりいても、塾に通って必死に勉強してる連中よりも既に賢い俺って、算数の天才なんやわ!(照)」

とオヤジは自信を深め、その後の理系ナルシスト人生へと突き進むのであった(爆)

 つづく。

自叙伝その4

2011-12-25

メリークリスマス♪

昨夜は1年の中でバレンタインと同等にラ○ホが混む日(笑)だと思いまつが、とっとと寝て早朝出勤しているオヤジでつ(滅)

ラ○ホに行くかどうかはともかく、クリスマスイブといえば、ラブラブのカッポーが2人で過ごす光景をあちこちで見かけますが、オヤジは、生まれてこの方40数年、誰かと2人きりでクリスマスイブの夜を過ごしたことがありまてん(滅)

あ、新婚1年目は子供が生まれてなかったら、そうやったか・・・。
じゃあ、今のところ一度だけでつね(笑)。

女の人と全く縁のないキモメンやから、クリスマスイブを2人で過ごすことがなかったんやろって?
いや、オヤジの名誉のために強く申しておきまつが、それなりに女っけはありましたよ!(中年の主張・・・笑)
12月24日の時点で誰かと付き合っていたこともありましたで!!!(中年吼える・・・笑)
でも、付き合っていた相手とすら、一緒に過ごしたことはありまてん(滅)


なぜか。


クリスマスイブはオヤジの父親の誕生日なんですわ(笑)
オヤジは、女性との付き合いよりも、家族の繋がりを優先してましたので、12月24日は、家でおとなしく父親の誕生日を祝っておりました(照)。

どうでもいい話ですが、オヤジの父親は天皇陛下と1日違いの生まれです(ほんまどうでもええな・・・笑)。

オヤジの父親は、
(1)誕生日がクリスマスイブだと誰もが忘れずに覚えてくれる。
(2)皇太子(現・天皇)と同じ歳なので年齢も覚えてもらえる。

という2つの理由でご満悦でしたが、子供の頃のオヤジは密かに不満を抱いておりました。

なんでって?

ケーキを食べる機会が1回減るから(笑)

普通なら、家族の誕生日(4人家族だったので4回)とクリスマス(1回)の計5回、ケーキを食べれるのに、オヤジの父親の誕生日がクリスマスイブなばかりに、その回数が1回減るということが不満だったのでつ(笑)
大の甘党だったので(照)(今でも甘党やけど)

ちなみに、当時のオヤジは、エーデルワイスという洋菓子店の冠名が付いた「エーデルワイス」というケーキがたまらなく好きでした(萌)

パイ生地のミルフィーユみたいなケーキです。
中にはカスタードクリームなどがサンドされていました。
パイ生地星人・カスタード星人のオヤジにとっては、言うことなしの花まる満点のケーキでした。

自分から「エーデルワイス」をリクエストすることはなかったですが(ちょっと値段が高かったので遠慮してた・・・笑)、親が「エーデルワイス」を選択して買って来てくれると、

「やっぱり、エーデルワイスは美味いよなぁ。うん、やっぱりエーデルワイスやわ!」

と、次の誰かの誕生日にも「エーデルワイス」を買ってきて貰おうと、必死にアピールしていた記憶がありまつ(笑)


今は、もうエーデルワイスという名の店舗は無いんじゃないかな(寂)
ちなみに、現存する店舗「アンテノール」は、エーデルワイスが母体です。
アンテノールも美味いですが、オヤジ的には、懐かしのエーデルワイスの「エーデルワイス」をもう一度食べてみたい(萌)


あぁサンタさま!
クリスマスに早朝出勤して仕事している健気な中年のオヤジに「エーデルワイス」を持ってきてください!(泣笑)
サンタの衣装を着たキャバクラのおねーちゃんはいらんから(爆)
でも、コスプレの中では、サンタの衣装が一番好きなオヤジでつ(はあと)(どっちやねん・・・爆)

ラーメンの具材

2011-12-22

こんばんは。

仕事に疲れた。

ちと休憩。

(俳句かいな・・・笑)


本日、最近仲良くして貰っている北海道在住の綺麗なおねーさんからメールを貰いました(照)。
昨日の夜、忘年会の後に「お麩」の入った昔ながらの和風のラーメンを食べたとのこと。

彼女にとって、和風ラーメンには「お麩」が入っているのが当たり前のような感じだったのですが・・・

オヤジは、そのメールを見て愕然としまつた(驚)。
少なくともオヤジは、関西で「お麩」の入ったラーメンを見たことがないからでつ!!

昔ながらの和風ラーメンの具材といえば、こちらでは、一般的には、ナルト、海苔、もやし、ゆで卵(半熟卵ではない)、ほうれん草、ねぎぐらいでしょうか・・・。
店によって多少のアレンジはありますが、少なくとも「お麩」は入っていません。
入っててもよさそうな京都のラーメン屋でも見たことがありまてん(滅)

彼女曰く、関東風のラーメンには「お麩」が入っているのではないか?
関西だから入っていないのではないか?
という話なのですが・・・

オヤジもB級グルメには、ちとうるさい方なので(笑)、関東風のラーメンを提供する関西の店にもあちこち行ったことがあるのですが、「お麩」の入ったラーメンには、これまで一度も当たったことがありまてん(滅)

よくよく考えてみると、4年前に北海道に行ったときに塩ラーメンを食ったのですが、そのラーメンには「お麩」が入っていたことを思い出しました(照)。
塩ラーメンは、札幌と函館で食ったのですが、札幌で食った塩ラーメンの方に。
変わってるなぁと思ったものの、「塩ラーメンの本場は函館だ」ということから、札幌で食ったのは主流では無いのかなぁ、この店独自のアレンジなんかなと勝手に解釈して、その事実をすっかり忘れておりました(照)

北海道で「お麩」が当たり前なのは、地元民である彼女が言うことですから間違いないのでしょう。
ただ、「お麩」を具材にするのは、北海道限定か、北国(関東以北)限定の話のような気がするのですが、オヤジの認識が間違っているのでしょうか・・・

みのもんたに問い合わせてみようかな(爆)


忙しい。

仕事に戻るよ。

涙目で。

(俳句調でシメ・・・笑)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。